保湿効果に特化した40代女性のための年齢肌用スキンケア



『40代になって保湿効果の低下を感じていませんか?』


化粧水や美容液をはじめ、保湿のためのスキンケアを毎日欠かさずしているのに、『何かこれまでと違う』と感じたり、『どことなくしっくりこない違和感』に心当たりはないでしょうか?

もしかしたら気のせいなんかじゃなく、いよいよ年齢肌のサインが表に出てきたのかもしれません。
鏡をよく見て、お肌の状況をしっかり確認してみましょう。

    ■保湿力の低下で現われる年齢肌のサイン

  1. シワ
  2. 毛穴の開き
  3. ハリのなさ
  4. くすみ(透明感がない)


これらの症状はいずれも、乾燥が原因です。
顔を触ってみるとカサカサしていたり、ゴワゴワしていませんか?

乾燥しがちなお肌はバリア機能が低下した状態なので、紫外線など外部からの刺激を受けやすくなります。
更に、乾燥した肌はキメも整っていない状態なので、透明感に乏しくくすんで見えてしまいます。


鏡を見て驚く女性の顔




そうです、保湿効果の低下とはつまり、老化に突入するサインなんです!


このまま何の対策もせずに黙って指を咥えていると、たちまち実年齢よりはるか上に見られてしまいます。
「シミ」「黒ずみ」「たるみ」といった更なる年齢肌の症状を防ぐためにも、なんとかして保湿効果を高めたいとは思いませんか?

そこでここでは、40代女性のための保湿効果に特化したスキンケアをご紹介していきます。
40代だけでなく30代の女性でも、保湿効果の低下が気になり始めた方は要チェックです。





保湿効果に満足できない原因


保湿効果に満足できない原因は、40代という年齢だけなんでしょうか?
もしかしたら、年齢肌の他にもあるかもしれません。

それは、保湿効果を信じてやまない「保湿美容液」です。
保湿効果に満足できなくなった理由を、「保湿美容液」「年齢肌」の両面からアプローチしてみます。


保湿美容液で保湿効果を実感できないワケ


保湿効果が実感できない保湿美容液なんて、使う価値など微塵も感じません。
でも、もしかしたら知らず知らず使っているのかもしれません。

    ■保湿美容液で保湿効果を実感できないワケ

  1. そもそも保湿効果が低い
  2. 配合されている保湿成分が不十分
  3. 保湿成分の分子が大きくてまったく浸透しない


ただ、保湿美容液のすべてが無意味という意味ではありません。
保湿美容液を謳ってはいても、中には期待値が低いモノもある、という程度です。

保湿効果が期待できる美容液なのかどうかは、配合成分が目安になります。
保水力を持った成分は、「セラミド」「コラーゲン」「ヒアルロン酸」です。
各成分が配合された美容液の特徴を、簡単にまとめました。


セラミド配合の美容液

セラミドは肌の一番表面の「角質層」に存在する成分で、水分をサンドイッチ状に挟み込んで肌の潤いを保っています。
セラミドは30歳を超えると大幅に低下し、50歳になると20代の約半分にまで減少します。
その結果、肌のうるおいやバリア機能が低下してしまいます。

ですが、セラミドは化粧品の成分が浸透しやすい角質層に存在しているので、美容液からの補給がしやすく、保湿効果にも期待できます。


ヒアルロン酸配合の美容液

ヒアルロン酸は真皮にある高分子の成分で、抜群の保水力で肌の保湿に効果を発揮します。
ヒアルロン酸はたったの1グラムで6リットルもの水を保持する能力があるので、肌の水分保持に役立ち、乾燥を緩和する機能として働きます。

ただし加齢とともに減少するので、年齢とともに保水能力が低下します。
コラーゲンやエラスチンと一緒に摂取するとより高い保湿効果を発揮するだけでなく、美肌効果にも期待できます。

注意したいのは摂取する方法で、ヒアルロン酸は分子が大きすぎて肌の中には入れません。
そのため塗っても効果は薄いので、注射での補給が効果的です。
更に、ヒアルロン酸は分解速度が極めて速いので、こまめに継続的に補給するのが理想です。


コラーゲン配合の美容液

コラーゲンは真皮に存在する成分で、ハリや弾力の元となります。
保湿と言うよりも、クッションの役割を果たす成分です。
コラーゲンは体内でも生成されますが、ピークは10代後半から30代前半までです。

また、コラーゲンは分子が大きすぎて肌の中には浸透しませんし、もちろん真皮まで吸収されないので、塗っても効果は期待できません。
加齢で減ってしまったコラーゲンを補いたいときは、化粧品ではなく日々の食事からの摂取が望ましいです。

ちなみに、美容液に配合されたコラーゲンは単なる保湿成分で、ハリや弾力の元となるコラーゲンとは別物だったりします。


年齢肌で保湿効果を実感できなくなるワケ


保湿効果に満足できない原因はむしろ、年齢肌の影響の方が大きいはずです。

年齢肌で保湿効果を実感できなくなるワケは、硬くなった肌(角質層)です。
角質層が硬くなるとあらゆるスキンケア成分が浸透しにくくなるので、保湿美容液を使っても効果が得られなくなります。
保湿効果が低下した肌のままでいれば、ごわつきだけでなく「シミ」「黒ずみ」「たるみ」といった更なる症状にまで発展してしまいかねません。

でも、『年齢肌だから仕方がない』では、済ませたくないですよね?
そこでここでは、40代女性のための、保湿効果に特化したスキンケアをご紹介します。


40代女性が保湿効果を高める方法


ブースターエンジン付きのロケット



『年齢肌が原因で効果が得られないなら、どうやって保湿すればいいのか解決策が分からない』、っていう40代の女性も多いかもしれません。
ですが、年齢肌で角質層が硬くなったからといって、スキンケア成分の浸透を諦める必要はありません。

実は、硬くなった角質層でもスキンケア成分の浸透を高める方法があるんです。

それが、ブースター化粧品です。


ブースター化粧品とは?


ブースターを直訳すると、「強化するモノ」「上昇させるモノ」という意味です。「薬の効能促進剤」なんて意味もあります。

ブースター化粧品とは、「導入液」「導入美容液」「先行美容液」「土台美容液」などとも呼ばれますが、肌を柔らかくして後に使うスキンケアアイテムの浸透を促進する働きがあります。

年齢肌で硬くなった角質層を柔らかくしてくれるので、スキンケア成分の浸透力が驚くほど高まります。
その結果、40代女性の低下した保湿効果も底上げして高められます。

ブースター化粧品は洗顔後に1本追加するだけでOKで、今使っているスキンケアアイテムは継続して使えます。
化粧品の総取っ替えなんて不要です。
「化粧水」や「乳液」などは、ブースター化粧品の後に使います。


    ■ブースター化粧品がおすすめなワケ

  1. 硬くなった肌を柔らかくして低下した浸透力を引き上げてくれる
  2. 1本追加するだけでいつもの保湿ケアを格上げできる
  3. 今使っているスキンケアアイテムを変える必要がない



40代女性が保湿効果に満足できなくなる最大の原因は、「硬くなった角質層」です。
でもブースター化粧品を使えば肌を柔らかくできるので、低下した浸透力を高められます。

つまり、保湿効果だって高められるんです!

ただ、ブースター化粧品って沢山販売されています。
ドラッグストアやデパートなどの実店舗をはじめ、ヤフーや楽天など通販でも買えます。

価格帯もプチプラからデパコスのハイブランドまで沢山ありすぎて、選び方がよく分かりません。

そこでここからは、ブースター化粧品の選び方をご紹介していきます。


40代女性の保湿効果を高めるブースター化粧品の選び方


40代女性の保湿効果を高めるブースター化粧品の選び方



ブースター化粧品の選び方ですが、ここでは40代女性の保湿効果を高めるためのポイントとなります。


    ■保湿効果を高めるブースター化粧品の選び方

  1. 美容液タイプ
  2. ムリのない価格帯
  3. 無添加・低刺激


まず最初に、ブースター化粧品はいくつかの種類に分類できます。
乾燥肌向けの美容液タイプの他には、脂性肌向けの拭き取りタイプや、敏感肌向けのミルクタイプなどがあります。
乾燥肌向けの美容液タイプは保湿成分を多く含んだブースターも多いので、場合によっては1本でも乾燥肌対策を完結させられます。

次にブースター化粧品の価格帯ですが、スキンケアアイテムとしては比較的高価な部類に属します。
毎日使ってこそ効果も実感できますが、その分コストもバカになりません。
したがって、価格帯はあくまでもムリのない範囲内に抑えましょう。プチプラで検討するのも、選択肢のひとつです。

最後に当然のことですが、お肌のためにも低刺激で無添加のブースターを選びましょう。


40代女性におすすめの保湿効果を高めるブースター化粧品BEST5


40代女性におすすめの保湿効果を高めるブースター化粧品BEST5



保湿効果を高めるブースター化粧品の選び方を元に、40代女性へのおすすめアイテムを厳選しました。
厳選したポイントは、以下の3つです。

    ■厳選のポイント

  1. スキンケア成分の浸透力を高められる
  2. 保湿成分も配合されている
  3. その他の年齢肌対策も同時にできる



ビューティーオープナー


ビューティーオープナー



ビューティーオープナーは卵殻膜美容液として訴求されているので、ブースターとして認識していない方も多いかもしれません。
ですが使い方を見ると明らかにブースターですし、過去には@コスメの口コミランキング「ブースター・導入液部門」で1位を獲得しています。

ビューティーオープナー 評価



ビューティーオープナーが40代女性におすすめなワケは、「V型コラーゲン」「シスチン」です。
どちらも卵殻膜に含まれる成分で、卵殻膜とは卵の殻と白身の間にある薄皮です。

卵殻膜には他にも、ヒアルロン酸やコラーゲンも含まれています。
しかも9種の必須アミノ酸を含んだ18種類のアミノ酸で構成されているので、肌なじみがよく素早く深く浸透します。


コラーゲンは沢山の種類に分類されますが、中でもV型コラーゲンは「ハリ」「ツヤ」「弾力」の元となる成分です。ですが25歳を境に大幅に減少していき、食材やコラーゲンサプリからの摂取も難しい成分です。

シスチンを含む食材



また、卵殻膜には美肌成分のシスチンが多く含まれています。
シスチンは、タンパク質の立体構造を保持するのに重要な役割を果たす成分です。ターンオーバーを正常化することによって肌の再生を促し、肌トラブル(シミ・シワ・くすみ・たるみ)を改善する効果があります。
つまりシスチンは、肌にみずみずしいハリと輝きを与え、うるおってキメが整った透明感のある肌へと導きます。
シスチンは食材からも摂取できますが、卵殻膜が圧倒的に高い含有比率となっている点もポイントです。

ビューティーオープナーはブースターとしてスキンケア成分の浸透を高める働きだけでなく、単体での使用にも充分耐えられる美容液です。
保湿効果だけでなく、年齢肌の悩みをまとめて対策したい40代の女性におすすめです。


ビューティーオープナー 特徴



<5,800円が初回限定で1,980円!>
※今ならお試し実感3点セットプレゼント!



ヴィーナスプラセンタ原液


ヴィーナスプラセンタ原液



ヴィーナスプラセンタ原液は、ブースター化粧品としては訴求されていません。
ですが、「洗顔後すぐの肌に塗るのがポイント」と説明されていますし、「次に使うアイテムの浸透力が違います」とも表記されています。
つまりヴィーナスプラセンタ原液は、ブースター化粧品に分類できます。


ヴィーナスプラセンタ原液 使い方



ヴィーナスプラセンタ原液が40代女性におすすめなワケは、「プラセンタエキス」「プロテオグリカン」です。
どれも100%原液のままの独自配合による、高濃度美容液となっています。

プラセンタエキスとは、胎盤から有効成分を抽出したエキスを指します。
プラセンタの品質は有効成分の量で決まり、有効成分の量は抽出方法によって決まります。
プラセンタの抽出方法はいくつもありますが、ヴィーナスプラセンタ原液では、栄養成分を損なうことなく取り出せる「低温酵素抽出法」によって抽出されています。

プロテオグリカンはもともと体内に存在している成分で、皮膚ではコラーゲンやヒアルロン酸などの間を埋めて、潤いやハリを保っています。
保湿成分と言えばヒアルロン酸もイメージしますが、プロテオグリカンの保水力はヒアルロン酸の1.3倍とも言われています。
更に、ヒアルロン酸よりも分子量が小さいため、浸透率が高いのが特徴です。
加齢とともに減少したプロテオグリカンを摂取することで、コラーゲンとヒアルロン酸の生成も促進できます。


ヴィーナスプラセンタ原液は、ブースターとしてスキンケア成分の浸透を高める働きだけでなく、透き通るようなみずみずしいすっぴん美肌へと導いてくれる、保湿効果を重視した美容液です。
保湿効果の低下を感じ始めた30代から40代の女性におすすめです。


ヴィーナスプラセンタ原液 特徴



<医薬品メーカーと共同開発だから安全性が高い!>
※4,500円が初回限定で1,980円!



シフォニアSRセラム


シフォニアSRセラム



シフォニアSRセラムは、20年の海藻研究から生まれた導入美容液です。
洗顔直後の素肌に直接使うことで、いつものスキンケアがなじみやすくなります。

シフォニアSRセラム なじみやすさの違い



シフォニアSRセラムが40代女性におすすめなワケは、年齢肌の2大要因である「水分量・皮脂量の減少」「紫外線・乾燥による肌ダメージ」の両方に同時にアプローチできる点です。

この両面からのアプローチを可能にしている成分が、2種類の海藻から抽出した「アンペルエキス」です。
緑藻エキスが紫外線による肌表面のダメージに、褐藻エキスが角層の潤い不足にアプローチします。
しかもアンペルエキスはナノエマルジョン化によって浸透力が高められているので、肌内部のダメージの原因にもしっかり届きます。

さらにシフォニアSRセラムには、3大保湿成分の「プロテオグリカン」「ヒアルロン酸」「コラーゲン」が配合されています。
導入美容液としてだけでなく、保湿美容液としても使ってみる価値があります。
シフォニアSRセラムはもちろん無添加化粧品なので、毎日安心して使えます。
保湿効果の低下や紫外線のダメージが気になる40代の女性におすすめです。


シフォニアSRセラム 特徴



<7,980円が初回限定1,980円!>
シフォニアSRセラムを購入
※エイジングケアもまとめてできる導入美容液!



潤馬化粧養油


潤馬化粧養油



潤馬化粧養油(じゅんまけしょうようゆ)は、化粧水前に塗るだけで肌の力がよみがえる感覚が実感できる導入液(ブースター)です。

潤馬化粧養油 使い方



潤馬化粧養油が40代女性におすすめなワケは、「高純度の馬油」「油溶性成分の馬プラセンタ」です。

馬油は、熊本県阿蘇地域で飼育された馬のタテガミの基部および上質部の皮下脂肪からなる脂肪部位が原料となっています。
国産の馬油なので、輸入品に比べて安全性や品質への信頼感が違います。
そして、化学薬品を使わない10以上の特殊精製で純度を高めているので、10kgの馬脂から3kgしか取れない希少なオイルでもあります。
また、オイルとは思えないほどのサラサラ感が特徴的で、ベタつかないうえにほぼ無臭です。
オリーブオイルも配合されているので、動物臭さは消えています。

馬プラセンタは、国産サラブレッドの胎盤からオリーブ油抽出にて得られたものが使用されています。
油溶性成分として抽出された馬プラセンタとしては日本初で、水溶性プラセンタやスクワランと比較しても遜色ない保湿力を発揮します。

潤馬化粧養油の特徴はもうひとつ、「抗シワ評価試験済み」の希少な美容オイルという点です。
「抗シワ評価試験済み」とは、日本香粧品学会の厳しい基準をパスし、乾燥による小ジワを目立たなくする効果が確認できたことを意味します。

潤馬化粧養油は導入液としてはもちろんですが、30代から40代女性のエイジングにも期待できます。
また、ヒトの皮脂と馬油は組成が似ているので、高い浸透力も見逃せません。
潤馬化粧養油は、「目の下のたるみ」「ほうれい線」「目尻のシワ」「額のシワ」が目立ち始めた女性におすすめです。


年齢肌の症状



<初回限定!化粧水とセットで3,600円>
※30日間全額返金保証付き



ピュアセラ美容オイル


ピュアセラ美容オイル



ピュアセラ美容オイルは、セラミドケアを重視したブースターコスメです。
乾燥肌に悩む奥さんのために作られた美容オイルで、最強の保湿成分といわれるセラミドにとことんこだわっています。
オイルなのに、「ベタつかない」「浸透性が高い」「匂わない」の3拍子が揃った、嬉しい使い心地です

ピュアセラ美容オイル 使い方



ピュアセラ美容オイルが40代女性におすすめなワケは、「オーガニックオイル」「天然ヒト型セラミド」「和漢植物」です。

オーガニックオイルは「ホホバオイル」「マカダミアナッツオイル」「アルガンオイル」の3種が配合されていて、世界基準の認証機関ECOCERTの厳しい条件をクリアしたオイルが100%使用されています。
高品質な認証オーガニック100%のオイルが、浸透しやすい柔らかな肌へと導きます。

天然ヒト型セラミドは、日本伝統の醸造発酵粕から抽出されたヒトの肌と同等のセラミドです。保湿力が高く、合成セラミドの3倍、植物セラミドの15倍も高い特徴を持っています。
素肌と同じセラミドの補給は、保湿効果の底上げに貢献します。

和漢植物は全部で12種類配合されていて、セラミドを養う働きを担います。
セラミドは肌内の酵素の働きで作られますが、加齢とともにセラミドの生産力は低下します。
自然治癒力をサポートする漢方薬の理論に基づいた12種類の和漢植物が、セラミドをいきいきと養います。


ピュアセラ美容オイルはもちろん無添加なので、安心して使えます。
また、製造・充填・検品はISO9001取得の国内工場で行われていて、衛生・品質管理も徹底されています。


ピュアセラ美容オイルは「保湿効果の低下」だけでなく、「化粧ノリの悪さ」「肌のカサカサ感」「隠しきれない毛穴」などが気になる30代から40代の女性におすすめの美容オイルです。


ピュアセラ美容オイル 特徴



<生産数限定!今なら500円でお試し中>
※指先から髪にも使えます!



まとめ


保湿効果に特化した40代女性のための年齢肌用スキンケアを紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

いつも通りのスキンケアをしているのに、気がつけばどこかしっくりこなくなる年齢肌
保湿効果が低下する主な原因は、加齢によって硬くなった肌です。

硬くなった肌はスキンケア成分の浸透を阻害しますが、ブースター化粧品(導入液)で肌を柔らかくできます。
ブースター化粧品(導入液)は浸透力を高めるだけでなく、単体の美容液としても機能します。
ここでは特に、保湿効果に特化したブースター化粧品(導入液)を厳選して5つ紹介しました。
最後にここで、まとめておきます。


    ■保湿効果に特化した年齢肌用スキンケア

  1. 年齢肌の悩みをまとめて対策したいなら「ビューティーオープナー」
  2. 保湿効果の低下を感じ始めたタイミングなら「ヴィーナスプラセンタ原液」
  3. 保湿効果の低下や紫外線のダメージが気になるなら「シフォニアSRセラム」
  4. 「目の下のたるみ」「ほうれい線」「目尻のシワ」「額のシワ」が目立ち始めているなら「潤馬化粧養油」
  5. 「化粧ノリの悪さ」「肌のカサカサ感」「隠しきれない毛穴」などが気になるなら「ピュアセラ美容オイル」